Creating AD music since 1978

Producer Details

プロデューサー詳細

Keiko Hikoda

Biography

2005年より音楽活動を開始。アコトロニカ・ユニットCojok(コジョ)ではKco(ケイコ)として、ボーカルとアコースティックギターを担当。

2010年、音楽プロデューサー佐久間正英氏主催のレコード会社より作品をリリース。その後は、10台ものタイムドメインスピーカーを用いた前代未聞のサラウンドコンサートの主催や、当時まだ普及段階であったプロジェクションマッピングショーへの楽曲書き下ろし提供、2012年には、リットーミュージック発行の音楽誌 「サウンド&レコーディングマガジン」による企画、Premium Studio Live vol.6「Cojok+徳澤青弦カルテット with special guest 屋敷豪太、根岸孝旨、権藤知彦」への出演など、時代を先取る前衛的でクリエイティヴな物事に積極的に取り組み、自らの音楽表現を融合させて次々にアウトプットしてきた。

2014年入社。アーティスト活動と独学によって培った作詞・作曲・アレンジ・歌唱・演奏のスキルと、感受性の強さ、豊かな発想力が持ち味。

Keiko Hikoda started her music career in 2005.She is a vocalist and guitarist in her band ‘’Cojok’’ known as ‘’Kco’’.

In Cojok’s activities, she has been working on many avant‐garde works. Masahide Sakuma (Plastics/One of top producers) produced lot of their songs. Since then, she wrote the theme song for a huge projection mapping show in Nara national museum, held a ‘’surround sound’’ concert using 10 speakers, and recorded a live performance by DSD recorder and released it from Sound and Recording Magazine label.

She joined Mr.MUSIC in 2014. She can write and arrange songs, but also can sing and play the guitar. She is with full of ideas as a producer, but also with full of skills as a creator.

主な作品

  • 1
    シチズン時計 2017

    wicca「かわいくはたらく有村さん」篇 Music:都方楓香

  • 2
    すかいらーく 2017

    ガスト「とろ〜りたまごINクリスピーハンバーグ」篇 Music:福廣秀一朗

  • 3
    明治 2017

    SAVAS「SAVAS×大谷翔平」 Music:井筒昭雄

  • 4
    伊藤園 2017

    「振る舞おう、氷水出し緑茶」 Music:城 隆之

  • 5
    全日本宗教用具協同組合 2017

    「大切な人」篇 Music:都方楓香

  • 6
    東京都教育委員会 2016

    東京2020オリンピック・パラリンピック教育プログラム「ようい、ドン!」Music:佐藤 彰信・佐藤紗代子 Sing:Gabe McNair

  • 7
    東京女子体育大学 2016

    東京女子体育大学 PV Music:井筒昭雄